King&Prince PR

【担降り先】キンプリのティアラが次推すグループはどこ?なにわ男子が多め?

2018年にデビューしたKing&Prince。

2023年に、3人のメンバーがグループから脱退しました。

3人の脱退を受け、King&Princeのファン「ティアラ」たちの推し変はあったのでしょうか。

このページでは、今後ティアラが応援するであろうグループについて紹介してきます。

【King&Prince】脱退により担降りをするティアラが続出

キンプリ ティアラ 担降り先

2023年5月、3人のメンバーがKing&Princeから脱退しました。

  • 平野紫耀さん
  • 岸優太さん
  • 神宮寺勇太さん

King&Princeがデビューしてから5年目での脱退。

グループとしての今後の活動を期待していたファンも多かった為、3人が脱退したことにより、「担降り」してしまうティアラが続出しました。

そんなティアラ達が、次に推すであろうグループについて確認してきましょう。

どこ?ティアラが次に推すグループとして候補が上がっているのはココ

キンプリ ティアラ 担降り先

ティアラが次に推すグループの候補です。

  • なにわ男子
  • SnowMan
  • SixTONES
  • 美 少年
  • K-POP

それぞれのグループについて、紹介してきます。

【担降り先①】なにわ男子を推す理由とは

キンプリ ティアラ 担降り先 なにわ男子

一つ目のグループは、「なにわ男子」です。

なにわ男子を推す理由はコチラ。

  • King&Princeのデビュー当時に似たキラキラ感があるから
  • メンバー同士の仲が良く、安心して応援できるから

王道のアイドルを求めるティアラたちが、なにわ男子を推すのではないかと言われています。

【担降り先②】SnowManを推す理由とは

キンプリ ティアラ 担降り先 Snow Man

二つ目のグループは、「SnowMan」です。

SnowManを推す理由はコチラ。

  • レベルの高いダンスに魅力を感じるから
  • 個性豊かなメンバーに惹かれるから

最近は個人での活動も増え、ドラマや映画、CMなどに多く出演しているSnowMan。

応援できる機会が増えてきたことも、理由の一つではないかと言われています。

【担降り先③】SixTONESを推す理由とは

キンプリ ティアラ 担降り先 SixTONES

三つ目のグループは、「SixTONES」です。

SixTONESを推す理由はコチラ。

  • 歌唱力の高さが魅力的だから
  • 楽しんでパフォーマンスをしている姿が、応援したいと思うから

2022年にYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に出演したSixTONES。

歌唱力の高さと、全員で音楽を楽しむ姿に、多くの視聴者が惹かれました。

【担降り先④】美少年を推す理由とは

キンプリ ティアラ 担降り先 美少年

四つ目のグループは、「美少年」です。

美少年を推す理由はコチラ。

  • 王道のキラキラ系アイドルだから
  • 今後が期待されているグループだから

美少年はまだデビューしていないため、今後の活躍に期待したいと思う人が多いのではないかと言われています。

【担降り先⑤】K-POPを推す理由とは

キンプリ ティアラ 担降り先

五つ目は、K-POPのグループです。

推す理由はコチラ。

  • ダンス・歌のパフォーマンスが魅力的だから
  • ビジュアルが良いから

BTSを筆頭に、SEVENTEEN、ENHYPENなど、日本のファンも多いK-POPアイドル。

男性からの人気も高く、ヘアスタイルやファッションなどにも注目が集まっています。

【担降りはしない】キンプリをそのまま推し続けるティアラも

キンプリ ティアラ 担降り先

3人のメンバーが脱退したKing&Princeですが、グループは存続する事になりました。

King&Princeとしてジャニーズ事務所に残ると決意した2人のメンバーがいます。

  • 永瀬廉さん
  • 高橋海人さん

この2人をこれからも推し続けるというティアラも、もちろんいます。

【担降りはしない】自担を推し続ける

キンプリ ティアラ 担降り先

自担を推し続けるのは、King&Princeを存続させると決意した2人を応援したいからだと言われています。

アイドルとしてだけでなく、俳優として映画やドラマへの出演も増えてきた2人。

今後も応援する機会があるという事は、ティアラの「推し活」の支えにもなっています。

まとめ

ティアラが今後推すグループの候補を紹介しました。

これからも多くのアイドルグループが活躍する事を期待して、応援していきましょう。

 

# の直前に入れてください # オーバーレイ用
# ~の掲載位置にご実装ください # レクタングル用(複数個所には利用できません)