Sexy Zone

中島健人が英語ペラペラな5つの理由!アカデミー賞インタビュー動画も

中島健人

英語力でも注目されている中島健人さん。

2020年のアカデミー賞では中島健人さんが英語でスムーズにインタビューをする。

その姿がめざましTVなどニュース番組で流れ、話題になりました。

今回の記事では中島健人さんが英語がペラペラの理由を5つ紹介していきます。

中島健人が英語ペラペラな動画はこちら

まずはコチラをご覧ください。

中島健人さんが英語でインタビューをしている姿ですが、非常にかっこいいです。

こちらも2020年の番組ですが、発音が素晴らしいと話題になっています。

中島健人が英語ペラペラな5つの理由とは?

中島健人

なぜ中島健人さんは英語がペラペラなのでしょうか?

その5つの理由としてあがっているのはこちらです。

  1. フィリピン人ハーフの母の影響
  2. オーストラリア人のクラスメイトの存在
  3. 憧れの人の存在
  4. Sexy Zoneマリウス葉の存在
  5. Hey!Say!Jump岡本圭人の存在

今回はこの5つに焦点をあてて、中島健人さんの英語力の根源をみていきましょう。

中島健人が英語に興味をもったのは母親の存在?

中島健人の幼少期

フィリピン人のハーフである母をもつ中島健人さん。

フィリピンの母国語は英語とフィリピン語です。

そのため、中島健人さんの家の中で英語が出てきた可能性はありそうです。

実際に中島健人さんは小さい頃から母とよく洋画を見ていたと言います。

中島健人さんの雑誌でのコメントがこちら

「幼いころから親と洋画を観て育ったので、発音やフレーズは耳で覚えていました。洋楽にはまっていたので、耳に残ったフレーズをそのまま暗記して、日常会話で使うこともよくありました。だから文法なんていらないですよって。言い訳ですね。(笑)」

そのため、幼いころから英語に興味を持っていた可能性はありそうですね。

中島健人が英語が上手いのはクラスメイトの存在

中島健人

中島健人さんが英語に目覚めたきっかけは、小学生時代のクラスメイトの存在だったそうです。

その子はオーストラリア人で、大人と英語で話している姿に衝撃を受けたそうですね。

その結果小学校4年生の時に英会話教室に通うようになったそうですが、先生との波長があわずに挫折してしまったんだとか。

中島健人の英語がペラペラなのは憧れの人がいたから

中島健人さんは中学生の時にジャニーズ事務所に所属をしたのですが、そこでジャニーさんが英語を話している姿を見て英語を話したいと感じたそうです。

「やっぱり英語を話せることはかっこいい」

そして、英語を身に付けることは仕事にも良い影響があると感じで英語を学び始めました。

英語の作詞作曲をするようになった

中島健人さんはの楽曲は自分で作詞・作曲することも珍しくありません。

  1. Hey!Summer Honey
  2. Because of 愛
  3. SHE IS…LOVE

中島健人が英語が上手いのはマリウス葉の存在?

同じSexy Zoneのメンバーに、ドイツ人のハーフのマリウス葉さんがいます。

マリウス葉さんはドイツ語、日本語、英語を使いこなすトリリンガルです。

実際に中島健人さんが『マリウス葉さんのかっこいいと思うところは?』と質問された時。

「英語ができるところ!」と即答することからも英語に対しての熱量は多いと思われます。

中島健人が英語が話せるのは岡本圭人の存在か?

Hey!Say!Jumpの岡本圭人さんと中島健人さんは仲が良いことで有名です。

岡本圭人さんはイギリスに2回留学しており、英語もキレイですね。

そんな身近な人と日常的な会話を英語ですることによって、楽しさも生まれますよね。

SNSの声まとめ

まとめ

今回は中島健人さんの英語がペラペラな理由を紹介していきました。